Bruno Pelletier Japon : 2015 音楽と映画

「音楽と映画」~ サイン会 ~ コンサートレポート3

Chants en lumière 氷の国の光の歌
~ 「音楽と映画」ツアー・コンサートレポート (3) サイン会 ~

ブリュノのサイン会は、私が参加したソロコンサートの中では
ピアノ版でのみ行われ、シンフォニー版ではありませんでした。

今回、お友達からブリュノ宛てのお手紙を預かったり、
チケットを買ったのに行けなくなってしまった別の友達等にサインをもらったり、
いくつかのミッションを抱えてサイン会へ。

ブリュノは複数のサインの依頼もにこやかにゆっくりと応じてくれて
なごやかに最初のサイン会が終了。

15_0314.jpg


そしてシンフォニー版コンサートを経て、2回目のサイン会の時のこと。

ブリュノのほうから、「手紙をくれたお友達にはサインをしなかったけど、
必要ないの?」と聞いてきてくれたのです。

その友達には、手紙を預かる時にサインはいりませんかと聞いたのだけど、
彼女は遠慮してでしょう、いらないと答えたので、
私からブリュノにサインは頼みませんでした。

まず、その手紙の主にサインをしなかったということを
ブリュノがしっかり認識していたということにびっくり。
だって、他の人へのサインは頼んでましたから。

これが手紙を受け取って直後の話ならまだわかりますが、
シンフォニー版のコンサートも経過して、既に1週間後。
頼まれたわけでもないのに、一週間前の一通の手紙に
一生懸命その気持に応えようとしてくれるブリュノ・・・。

たくさんのファンを抱えて、SNSでは
個別に反応することが物理的に難しくなっている昨今。
きっとそのお手紙が素晴らしく、ブリュノの胸を打ったのだと思いますが、
姿の見えないファンに対してでもできる限り応えようとするその優しさに
私は素直に驚いて、感動してしまいました。

2015m24.jpg
Photo by Ling Yan

キャリアを重ねても、おごった部分が全くなく
いつでも気さくなブリュノ。

これからもその暖かな眼差しで、私たちを照らし続けてくださいね。

~ FIN ~


<おまけ3>
16.gif
* このページの舞台写真はすべてシンフォニー版コンサートのものです。
* Photos by Ling Yan. Merci Ling !



Chants en lumière 氷の国の光の歌
~「音楽と映画」ツアー・コンサートレポート~
(1) シンフォニー版
(2) ピアノ版
(3) サイン会

[2015/3/24]


このページのトップへ

» 続きを読む



新アルバム「君のまわりで」
ブリュノ・ペルティエのアルバム「Regarde autour(君のまわりで)」詳細はこちらまで

アーティスト・プロフィール
Bruno Pelletier

Bruno Pelletier ブリュノ・ペルティエ

カナダのフランス語圏ケベック州出身。3度の最優秀男性歌手賞の実績を誇る実力派歌手。ミュージカル「ノートルダム・ド・パリ」で人気を不動のものに。ロックからジャズまで幅広い音楽を豊かに歌いこなし、定期的に東欧でもツアーを行っている。

プロフィール詳細
CD/DVD
Facebookオフィシャルアカウント
* 当サイトについて

最近の記事
カテゴリー
   -- 歌の解説
最新コメント
リンク