Bruno Pelletier Japon : ブリュノ・ペルティエからのメッセージ

ブリュノ・ペルティエからのメッセージ

現在ケベックでソロコンサート・ツアー中のブリュノ・ペルティエから、
日本のファンと、現在日本公演中の「ノートルダム・ド・パリ」キャストの皆さんへの
メッセージをいただきました!



ノートルダムのカジモド役マット・ローランは
ブリュノのミュージカル「ドラキュラ~愛と死のはざまで~」の
フランス・リヨン公演でレンフィールド役として出演。

当然知らない仲ではないというのはわかっていましたが、
ブリュノはマットだけではなく、
私がリシャール・シャーレ、ロベール・マリアンの名前を挙げると

ナディア・ベルは?
ジェローム(コレ)もいるよね?

・・・と。

ノートルダム俳優のことをよく知っているなと一瞬感心したのですが、
そういえばこの方、ノートルダムのオリジナル・キャストでした。

*ナディア・ベルは今回の日本公演には出演していませんが
 2005~2006年のアジア・ツアーやフランスツアーなど
 数々のノートルダムの舞台でエスメラルダを演じています。


最後、ひとまず動画を撮り終わって、
『アリガトウ』って言い忘れた!と言ってましたが、
いえいえ、もうその「コンニチワ」だけで十分です(^^)。

ブリュノはとても楽しい人で、ステージでも観客を笑わせることに長けています。
でも、こういう穏やかで優しさがそのまま出ているブリュノも、
とても素敵ですよね。


最後にブリュノは、「英語ではしゃべらなかったけど、
君が字幕つけてくれるよね?」と私に言いました。

ところが私は動画の編集などしたこともなく、
実は字幕をつけることを想定していなかったので
(テキストで書き起こすことをぼんやり考えていました)
軽く血の気が引きました。

帰りの空港で友達にメールで「なんていうソフト使ったか教えて!」と
ヘルプを求めるところからスタートし、なんとか「字幕」にしてみました。
ただ、いかんせん不慣れなもので・・・
動画の最後、ブリュノの投げキスは本当は切れてないのですが、
動画編集ソフトに入れると切れてしまうのを修正できませんでした(泣)。


日本語の字幕をつけながら、2/3ほどできあがったものを見ていて
「ブリュノ・ペルティエの映像に日本語の字幕が・・・!」と
なぜだか軽く感動(自分がつけてるものなのに(笑))。

2000年の「ワールド・ミュージック・アワード」で
「カテドラルの時代」で受賞した映像が日本のテレビで放映され、
その時の日本語字幕以来、見たことがありませんでした。

テレビの字幕とYoutube動画の字幕は意味合いが全然違いますが、
これから「ブリュノ・ペルティエ+日本語字幕」がもっともっと見られることを
心から祈っています。


このページのトップへ

コメントの投稿

非公開コメント :

新アルバム「君のまわりで」
ブリュノ・ペルティエのアルバム「Regarde autour(君のまわりで)」詳細はこちらまで

アーティスト・プロフィール
Bruno Pelletier

Bruno Pelletier ブリュノ・ペルティエ

カナダのフランス語圏ケベック州出身。3度の最優秀男性歌手賞の実績を誇る実力派歌手。ミュージカル「ノートルダム・ド・パリ」で人気を不動のものに。ロックからジャズまで幅広い音楽を豊かに歌いこなし、定期的に東欧でもツアーを行っている。

プロフィール詳細
CD/DVD
Facebookオフィシャルアカウント
* 当サイトについて

最近の記事
カテゴリー
   -- 歌の解説
最新コメント
リンク