Bruno Pelletier Japon : ブリュノを日本に呼ぼう!

ブリュノを日本に呼ぼう!

先日アップしたブリュノのメッセージ・ビデオには
思いのほかの反応をいただき、ありがとうございました!!!

実は「あまり反応なかったらブリュノに申し訳ないなあ・・・」と思っていましたので
本当に嬉しかったです。

それと同時に、こんなにもブリュノやノートルダムが好きだと言ってくださる人がいるんだということを
あらためて発見&認識し、私のほうが感動しています。


10年前にブリュノのパリのコンサートに行った時、
コンサートの後、客席まで出てきたブリュノをファンが取り囲んでいた瞬間がありました。

その時、みな口々にいろんな想いを口に出していたので、
私も「日本に来て!」と言ったんです。

それがブリュノの耳に届いたのですが、
ブリュノは優しい表情で、でも少し困ったように笑いながら「日本かあ・・・」と言いました。

その時、私の周りを見ても、日本人ファンは私一人。
プロとしてコンサートを開くのは、どう考えたって無理ですよね。
私はその時それを瞬時に理解したんです。

数が揃わなければ、ブリュノには来てもらえない。
ブリュノが例え日本でコンサートをやりたいと思っても、
それはブリュノの側の問題ではないのです。

それ以来、私はブリュノに直接「日本に来て」と言ったことはありません。


そうこうしているうちに、ノートルダムがロシアに上陸し、
ロシアでフレンチ・ミュージカルのブームが起こりました。

当然のように、ロシアでブリュノのファンが増え、
ブリュノのオフィシャルサイトに1枚の写真が載りました。
「赤の広場」で、ブリュノの名前を書いた大きな布だか紙だかを広げている
ロシアのブリュノ・ファンの姿。

そして、2009年、ロシアのブリュノ・ファンは
ブリュノをロシアへ呼ぶことに成功します。

その時に販売されたコンサートのパンフレットには、
数ページに渡って、ロシアのファンがいかにアクションを起こしてきたかが
写真つきで載っています(本文は全部ロシア語なので読めませんが・・・)。

13_03_02russe.jpg 13_03_04russe.jpg
大きく書かれているのは「ブリュノ・ペルティエ」のロシア文字。

13_03_03russe.jpg

ロシア語のファンサイトができているのは知っていましたが、
私はここまで彼女たちが行動を起こしてきたというのは知りませんでした。
彼女たちは見事に「数は足りてるんだ!」ということを証明してみせたんですね。
(そしてプロデューサーも見つけてきたと聞いています)

ロシアのファンは、なぜか年齢層がとても若く(なぜか(笑))、行動力があったのかもしれませんが、
写真を見ててもとても楽しそうにやってますよね。
ブリュノに来てもらえるかどうかなんて、この時点では誰にもわからなかった。
でも、行動を起こさなければ来てもらえないことも、彼女たちはわかっていた。

間違いなく、ファンの力でブリュノを呼んだんです。
本当に敬服します。

ちなみに呼ばれた側のブリュノはというと、最初は半信半疑だった様子。
もちろんファンがいるのはわかっていたけど、
ロシアでフランス語のコンサートやるの?大丈夫なの?という感じ。

しかし蓋を開けてみると、ロシアのファンはブリュノのフランス語の歌を
フランス語でちゃんと歌えて、もちろん満席で、そして舞台は花で埋め尽くされました。
(ブリュノは若干ロシア語を勉強していって、少しはロシア語で挨拶しましたが、
基本的にフランス語で話し、字幕などはなかったと思います)

そしてそれ以降、ウクライナを含む東欧は、定期的なブリュノのツアーの一部となりました。


これを日本の方々にやってほしいと言ってるわけではありません。
(やっていただけたら嬉しいですが(^^))
ただ、どれだけブリュノを好きだと思っていても
コンサートを日本でやってくれたら行くよ!と思っていても
少なくともネットでアクションしないと、それはただの夢幻。

それは別にブリュノの話だけではありません。
ノートルダムにしてもそう。他のフレンチ・ミュージカルにしてもそう。
フランス語版来てほしい!
オリジナルキャストのコンサート来日してほしい!
そう思っていただけてるなら、
ネット上の他の人の見えるところで、できるだけたくさん、
書き込みをしていただけたらと思います。

このサイトも今までコメント機能はオフにしていたのですが、
これからはコメントできるようにしておきます。
月歌茶論(掲示板)」のほうもフレンチ・ミュージカル全般応援板なので
ご自由にご活用ください。

ブリュノのオフィシャルFacebookページに書きこんでいただいたり
ブリュノのTwitterに反応していただけたら
ブリュノも喜ぶと思いますし、その1つ1つが「次」につながっていくと思います。
(ちなみに私のTwitterアカウントは こちら

もちろん他の一般的なミュージカル系サイトや、ご自分のブログなど
こことは関係ないところでどんどん発信していただけたら嬉しいです。


メッセージビデオの中でブリュノは最後に
「J'espère aller vous voir un de ces jours
 いつか君たちに会いに行けたらと願ってます」
と言ってくれています。

漠然とした「いつか」=「un jour (one day)」ではなく、
「いつかそのうち」に近い「un de ces jours (one of these days)」。

これを「明日 demain (tommorow)」に変えられるのは、
私ではなく、
皆さん一人一人の力です。

無理のない範囲で、楽しみながら、夢を現実に変えましょう。
どうぞご協力よろしくお願いします。

ついでなのでロシアのパンフレットのブリュノの写真
13_03_01russe.jpg


[2013/3/29]


このページのトップへ

コメントの投稿

非公開コメント :

No title

ほんとMewさんのおっしゃる通りだと思います。今はネットというすごく便利なツールがあるのだし、これを利用しない手はないですよね。今回のノートルダム公演で、今までブリュノを知らなかった人が会場でCD買ってブリュノファンになってくれるといいですね!で、このサイトにたどり着く(^^)

まだまだ浅いのですが・・・

初めまして!
先日のメッセージビデオ、最後にきゅんきゅんしました@_@;ありがとうございますっ!!
私はコメントをされているくまちゃんさんのおっしゃる通りの人間であるため、おもわず意思表示をしたくなってしましました^^;
今回のノートルダム公演を観に行き、素敵すぎてCDを買い、the age of the cathedralを歌っている甘い声の持ち主はどなた!?とネットで調べ(もちろんここのサイトへ辿り着きました!)、You●ubeで繰り返し眺め・・・こんな毎日を過ごしてている私です。すっかり虜です。。。はぁ
ぜひぜひ、ブリュノさんに日本に来ていただけるよう!何かアクションおこせたら良いなと思っています<3

ありがとうございます!

くまちゃんさん、ALYさん、コメントありがとうございます!!

ALYさん、「すっかり虜」・・・わかります~~~(≧▽≦)。
そしてそういう人がいるって知ることができて、すごく嬉しい~~♪

CD聞いて素敵~って思ってるだけでは、ブリュノにも、将来のプロデューサー様にも伝わらないので、頑張ってネットでハート飛ばしていきましょうね♥ ♥

*初めてコメント機能使ってるので今気がつきましたが、文字がとても小さくて読みにくいですね(汗)。近いうちに調整します(汗)。

小さなことから

韓流にはまってた私が、ひょんな事からノートルダムを見ることに
なり、くまちゃんさんからMDに録音してもらったノートルダム英語版がブリュノとの出会いでした。

素敵な歌声にノックアウト!その後、ノートルダムDVDの彼の演技で、完璧とりこになってしまいました。

でも、彼の住むケベックは、はるか遠く、生で彼の歌声・演技を見ることは無理なのではないかと思っていたのですが、リヨン・パリ・韓国とどんどん私が行きやすいところに、ブリュノがやって来てくれるので、生で聞く&みるとさらに虜に~~~♥

ネット音痴のわたしは、このツールを危険なもののように思ってたのですが、ネットがなければMewさんや他のブリュノファンに出会うこともなかった。使い方しだいですね。

わたしも、つたないフラ語でブリュノに語りかけていきたいと思います。ちいさなことからコツコツとです(*^_^*)

No title

Mew様
初めまして。
私もALYさんと経路は違えど同じくらい最近になってブリュノファンになりました。(もちろん今回の Notre-Dame de Paris 日本公演にも行ってきました!)このサイトでいろいろと情報が収集できて助かっております。

ところで、先日「ノートルダム・ド・パリ応援隊」の方で、ブリュノがソウルのガラコンサートに出るという記事を拝読しました。ケベックよりだいぶ行きやすいですし、生ブリュノを見られる機会などそうないでしょうから、思い切って観に行こうと思っています。

日本に呼ぶためにまずは日本を飛び出してみようかななんて考えているのですが、なにせ情報がフランス語だったりロシア語だったり韓国語だったり...言葉の壁が高いので、また詳細が公開されたらぜひ記事にしてください!よろしくお願いします。
そして、厚かましいお願いですが、何人かで連れ立って韓国へ出かけられるようならぜひ私も仲間に入れてください!

No title

ムーミンさん、みーさん、コメントありがとうございます!

小さなことからコツコツと、大事だほんとに(^^)

みーさん、韓国コンサートのことは
劇場HPなどで詳細がわかり次第アップしたいと思っています。
できるだけたくさん日本からも行ってほしいので!!

ただ・・・なかなか他からの発表がないので
一抹の不安はあるのですが(^^;)。
もう2カ月切ってるんですけどね・・・。

情報あり!?

Mewさま

すでにご存知かもしれませんが、情報が出ているようなので一応お伝えしておきます。
Sejong Centerで検索して韓国語版ホームページに入ると、ブリュノの出るガラコンサートの情報が少しではありますが載っているようです...ウェブ翻訳のお世話になりながら読んだもので細かいことは分かりませんが、チケットの予約フォームもあるようです。ただ、英語での予約フォームはなく、韓国語が操れればという事です。
ページの感じはこちらをご覧ください→ http://t.co/2cHMDBY1vj (ここに写真は入れられないようなのでtwitterで失礼します)
また、Sejong Centerのページはこちらです→ http://www.sejongpac.or.kr/performance/schedule.asp

夜分にお邪魔しました。

No title

初めまして。
私は「ノートルダム・ド・パリ」のミュージカルを観る前に、
先にカテドラルの曲を日本語で何度か聞いたことがあったんですが、
今回、大阪公演に行ってみて、「おぉ!すごい」と思った一人です。

日本語で歌ってくださる歌手の方もおっしゃっていたんですが、
フランス語の響きはいいよぉ~と話しておられたので、
英語ではなく、フランス語で聞いてみたい!と検索して、
ブリュノさんの歌声にたどり着きました。

とても素敵な声に、思わずCDを即買いしました(笑)
Mewさんのおっしゃるように、ぜひ日本に来ていただきたい!!!!ので、よく分からないながら、Facebook登録しました。
これから意思表示していこうと思っています。
まだまだ、コメント入れるところまで行きついていませんが、
がんばります!!




RE: 情報あり!?

みーさん

Twitterのほうではお返事していましたが、こちらではスルーしてました。すみません(>_<)
情報ありがとうございます!!
韓国語といかに戦うかが勝負ですね(泣)。

きっとブリュノは世界最速で情報を出してくれたので、劇場や公演主催者側の情報アップが追いついていないのではないかと想像してます。

韓国語が読めないせいで、つい劇場HPに行くのを渋りがちなので、適度に尻叩いてくださいね!

RE: No title

お名前の入力がなかったようなのですが・・・:

カテドラルを日本語でお聞きになったことがある、ということは、宝塚関係ででしょうか?

CDで聞くブリュノのカテドラル、素敵ですよねー!
本物はもっと素敵ですよ~~(≧▽≦)
日本へ来てもらえるよう、一緒に応援していきましょうね♪

Facebook、あまり深く考えずにどんどん書いていってくださいね。
「好きだ♪」って気持ちを書いてる限り、何を書いても大丈夫だと思います!!

正夢になりますように。

昨日、ブリュノが来日する夢を見ました。何人かとのコラボのコンサートで、ブリュノの出番が来るのを待っているMewさん他ブリュノファンのみんなの前にブリュノが現れて、私たちに声をかけてくれ目の前をカテドラルを歌いながら歩いていくというものでした。すごくリアルな夢でした。正夢になるといいな~~。

正夢!!

くまちゃんさん、その夢ブリュノが歩いてるのはコンサート会場の中?

それだったら絶対実現可能性ありますよー!!
ブリュノはパリのコンサートの時、実際に客席に降りてきてカテドラル歌いながら歩いたから!(しかもファンが通路にあふれてる状態で)

日本で実現してほしいね!!!(≧▽≦)
新アルバム「君のまわりで」
ブリュノ・ペルティエのアルバム「Regarde autour(君のまわりで)」詳細はこちらまで

アーティスト・プロフィール
Bruno Pelletier

Bruno Pelletier ブリュノ・ペルティエ

カナダのフランス語圏ケベック州出身。3度の最優秀男性歌手賞の実績を誇る実力派歌手。ミュージカル「ノートルダム・ド・パリ」で人気を不動のものに。ロックからジャズまで幅広い音楽を豊かに歌いこなし、定期的に東欧でもツアーを行っている。

プロフィール詳細
CD/DVD
Facebookオフィシャルアカウント
* 当サイトについて

最近の記事
カテゴリー
   -- 歌の解説
最新コメント
リンク