Bruno Pelletier Japon : 韓国ヴィクトル・ユゴー・ガラ・コンサート

韓国ヴィクトル・ユゴー・ガラ・コンサート

下記のコンサートについては別ページで詳しくご案内しています。
日程なども変更がありますので、そちらをご覧ください。

公演情報
観劇関連情報

こちらは一応最初に出た情報内容という形で残しておきますが、
更新はいたしませんのでご了承ください。





ブリュノ・ペルティエが2013年5月、韓国のコンサートに参加します。

劇場HPで発表になっているものと
ブリュノ・ペルティエ・オフィシャルサイトで発表になっているものとで
タイトルに違いがありますが。



ブリュノ・ペルティエ・オフィシャルサイトの発表内容

◆ 2013年5月24日~27日
「Victor Hugo in Musical Gala Concert」
(ヴィクトル・ユゴー・ミュージカル・ガラコンサート)
場所: 韓国ソウル Sejong Theatre



Sejong Centerで発表になっているもの

◆ 2013年5月24日~27日

「노트르담 드 파리 갈라콘서트」
 (Google翻訳:ノートルダム·ド·パリ・ガラコンサート)
場所: 韓国ソウル Sejong Theatre

劇場HPのほうは、4月3日現在、ページが日程で3つに分かれています。
(英語ページもあるのですが、今のところこのガラコンサートの記述・ページはないようです)

5月24日
5月25~26日
5月27日

*「Sejong Center」の中に「Sejong Theatre」があります。たぶん。



劇場HPのほうは、現段階で中身が日程以外全くなく、
どのような内容なのか、誰が出るのか、さっぱりわかりません。

しかし、ブリュノ・ペルティエのオフィシャル・サイトに公式に出ているように、
ブリュノ自身はこのコンサートに参加します。
本人も、「5月に韓国でノートルダムを歌う」と明言しています。


ブリュノがノートルダム枠で呼ばれて、
「カテドラルの時代」を歌わないわけはありません。
つまり、

ブリュノ・ペルティエの生「カテドラル」を聞けるチャンス・・・!!!

そして、ヴィクトル・ユゴー枠にせよノートルダム枠にせよ
このあたりのセッティングならば、おそらく「Lune 月」も歌ってくれると思います。

生「Lune」ですよ・・・!!!!!


ブリュノは、自分のソロ・コンサートでは
だいたい必ずカテドラルは歌ってくれます。

しかし、それはアンコールとして最後に歌われるということもあり、
「ノートルダム・ド・パリ」の中で歌うものとはかなり違います。
穏やかにゆったり歌い始め、最後に一気に盛り上げていく・・・という感じです。
これは、ノートルダムのアンコールでの歌い方ともまた少し違います。

しかし、そもそも「カテドラル」は「ノートルダム・ド・パリ」の最初を飾る
ファンファーレのような曲。
そしてブリュノは、オリジナル・キャスト版コンサートでカテドラルを歌う時には
きちんと、このファンファーレ的歌い方をするのです。

つまり、このファンファーレ・カテドラルは
「ノートルダム・ド・パリ」枠でしか聞くことができません。

ブリュノが歌うカテドラルはどれも素晴らしいですが、
ファンファーレのカテドラルは・・・

それは体に電撃が走るがごとく
剛速球をまっすぐ投げられるがごとく
心を揺さぶられます。


韓国ソウルといえば、日本からだと
外国の中では距離的に一番行きやすいところではないかと思います。
コンサートの開始時刻が夜8時なので、さすがに日帰りは無理ですが、
頑張れば1泊2日の強行軍でも行けるのではないでしょうか。
本当に、千載一遇のチャンス・・・!!!


「ノートルダム・ド・パリ」のこのようなコンサートに
「次」があるのか、正直誰にもわかりません。
(あってほしいですが)

ブリュノの声は初演から10年以上を経て、
初演版CDからさらに艶がかかって絶品になっています。

そして、舞台をとても大事にするブリュノは
必ず、CDやYoutubeで聞くよりはるかに大きな感動を与えてくれます。


ブリュノ・ペルティエが与えてくれる至福の瞬間を
どうぞ、あなたのその体で感じてきてください。





このページのトップへ

コメントの投稿

非公開コメント :

新アルバム「君のまわりで」
ブリュノ・ペルティエのアルバム「Regarde autour(君のまわりで)」詳細はこちらまで

アーティスト・プロフィール
Bruno Pelletier

Bruno Pelletier ブリュノ・ペルティエ

カナダのフランス語圏ケベック州出身。3度の最優秀男性歌手賞の実績を誇る実力派歌手。ミュージカル「ノートルダム・ド・パリ」で人気を不動のものに。ロックからジャズまで幅広い音楽を豊かに歌いこなし、定期的に東欧でもツアーを行っている。

プロフィール詳細
CD/DVD
Facebookオフィシャルアカウント
* 当サイトについて

最近の記事
カテゴリー
   -- 歌の解説
最新コメント
リンク