Bruno Pelletier Japon : 2013ブリュノ・サイン会レポート (2)

2013ブリュノ・サイン会レポート (2)

光 - La Lumière (2)
( 2013 「Rendus là たどりつく場所」ツアー) サイン会レポート

ブリュノのソロコンサート・ツアーでは、
しばしばショーの後にサイン会が行われます。

大劇場ではないとはいえ、結構な数のお客さんが待っていても
決して流れ作業ではなく、一人一人ときちんと応対し、
「対話」しているブリュノ。
人と触れ合うことが好きなのだろうなと思います。

13_04_11.jpg
買ってしまったグッズの数々。
写真が載っているものはアルバム「Rendus là」のブックレット。


さて、
今回のアルバム「Rendus là」、
カナダ発売版にはモスクワでのコンサート映像を収録したDVDが
ついたものも発売されています。

もしサインをもらえるとしたらどれにしてもらおうと思案した私。
このDVDにはロシア語のキリル文字で
「Брюно Пельтье ブリュノ・ペルティエ」と印刷されています。

ロシアでのコンサートも回数を重ねているブリュノは
ロシア語の勉強もしていて、上手になったという話。
・・・ということは自分の名前をロシア語で書ける・・・かな?
とりあえず名前が印刷されてるから、
それを見ながらなら書ける・・・よね?


というわけで、サイン会でそのDVDに
「ロシア語で名前をぜひ」と頼んでみたのでした。
一瞬うっ・・・となったブリュノを見て、
勝った・・・!と思った悪魔な私。

13_04_08.jpg

ブリュノはロシア語で自分の名前を書いた後、
「ロシア人は読めると思うよ」と言いましたが、
ブリュノ、私もあなたの名前はキリル文字で読めます(^^)。


軽く有頂天になっている私に、
ブリュノが「5月に韓国でコンサートに参加するんだよ」と一言。
はい?
そんな話は聞いたことがありませんが?

なんでもミュージカル・コンサートらしい・・・けれど
どういう枠でのものなのか、今一つよく把握できず。
ブリュノはノートルダムを歌うが、レミゼもやるらしい。
え?韓国?
え?それってアジアの?
軽くパニクる。

勝ったと思ったのも束の間、見事に逆転KO負け。
ああやっぱり人間、有頂天になってはいけませんね。
これからはもっと謙虚に生きていきたいと思います。

(ブリュノが話していたのは「Victor Hugo in Musical」コンサート


この時、ブリュノのご厚意に甘えて撮影させていただいた動画がこちら。
日本人ファン、及び当時日本で「ノートルダム・ド・パリ」公演中だった
キャストへのメッセージビデオ。



・・・今でもブリュノの映像に日本語字幕が載っていることに
軽く驚きを感じる私。
早く慣れたいものです。

というわけで、ブリュノ・ペルティエがいつか日本に来ることを
日本の片隅で心待ちにしております。

[ 終わり ]




光 - La Lumière (2013 「Rendus là たどりつく場所」ツアー)

(1) コンサート・レポート
(2) サイン会レポート

- 2013 Rendus là (2) -


このページのトップへ

コメントの投稿

非公開コメント :

新アルバム「君のまわりで」
ブリュノ・ペルティエのアルバム「Regarde autour(君のまわりで)」詳細はこちらまで

アーティスト・プロフィール
Bruno Pelletier

Bruno Pelletier ブリュノ・ペルティエ

カナダのフランス語圏ケベック州出身。3度の最優秀男性歌手賞の実績を誇る実力派歌手。ミュージカル「ノートルダム・ド・パリ」で人気を不動のものに。ロックからジャズまで幅広い音楽を豊かに歌いこなし、定期的に東欧でもツアーを行っている。

プロフィール詳細
CD/DVD
Facebookオフィシャルアカウント
* 当サイトについて

最近の記事
カテゴリー
   -- 歌の解説
最新コメント
リンク