Bruno Pelletier Japon : ガン基金のイベント、今年もやります!

ガン基金のイベント、今年もやります!

ブリュノがスポークスマンを務めるケベックがん基金
今年も6月に一大イベントをやります。
名付けて「気分晴れ」プロジェクト!  ( Le Grand Défoulement )

232.jpg        229.jpg

Le Grand Défoulement
「気分晴れ」プロジェクト

日時: 2015年6月1日~30日
場所: ケベック州全土
企画受付: 2015年5月15日まで

16.gif

目的は、がん基金への寄付と連帯を募るというもの。
自分で小さなイベントを企画して、寄付を集めよう!
その企画に、ブリュノはじめ4人のイベント大使が参加するかも!
・・・という感じです。

ケベックがん基金は、がん患者さんやそのご家族を
様々な面からバックアップしようという団体です。
スポークスマンとしてのブリュノの言葉がイベントHPに載っていますが、
活動のための寄付を募ることが第一の目的ではあるものの、
「一人じゃない」ということを感じてほしいということも大きな目的。

一か所のみの大きなイベントではなく、小さな自作イベントを数多く実施するのは、
患者さんだけでなく、イベントを行う人自身も日頃のストレスを晴らし、
身近な大勢の人を楽しく巻き込んで、
「一緒にいるんだ」という気持ちを高めようという主旨。
明るくポジティブな発想が素敵な企画です。


昨年行われた企画の1つ。ヨガを一緒にやって、寄付を募るというもの。
ブリュノはこのイベントに参加し(ヨガもしています!)、
闘病していた妹さんのための歌 「Un si long chemin とても長い道」を披露。
とても癒される歌い方をしています。



このイベントの宣伝のために、
ブリュノは3月18日、TVAの番組「Deux filles le matin」に出演。
この番組は、2000年から15年も続く人気長寿番組です。

たまたま私が2月にケベックに行った時に目にした新聞記事に
この番組の人気が高く、他局がなかなかその牙城を崩せない、と書かれていました。
ブリュノは前から何度かこの番組に出演していますが、
安定した人気と知名度があって、こういう人気番組に出演できるからこそ
スポークスマンとして選ばれたのだなあと改めて感じました。
団体側としては、寄付を集めるために宣伝をしてもらうことが大きな目的ですから。

また、がんという病気で精神的に感じやすくなることもある患者さんたちにとって、
その支援団体のスポークスマンというのは、
誰からも信頼され、人を癒す存在でなければ
選ばれることはないだろうと想像します。
有名なら誰でもいいというものではないですよね。

16.gif


ちょうど1年ほど前に出版された「Le Lundi」という雑誌に掲載された
ブリュノの記事。去年のこのイベントの告知・紹介がされています。
大きなタイトル「Un homme de cœur」は「寛大な(優しい)人」という意味。

15_0327.jpg

右ページの見出し部分:

ブリュノ・ペルティエは単に素晴らしい声を持っているというだけではない。
彼は気高い心の持ち主でもある。
2年前からケベックがん基金のスポークスマンを務めているが、
自身の家族が患者となり、自然とヘルプしていた経験がある。
連帯の絆を築いてもらおうと、がんと闘うための「気分晴れ」プロジェクトに
参加することを呼びかけている。


15_0328.jpg

ページ中央の黄色い部分。ブリュノの言葉:

「スポークスマンであるということは、
単に大義に自分の名前を連ねるということだけじゃない。
自分の中にその大義を抱えなければいけないんだ。
それが心の中まで響いていることが大切なんだよ。」



イベントが成功しますように!

ちなみに、ブリュノは4月もツアーで忙しく活動中。
頑張ってください!

[2015/4/17]


このページのトップへ
スポークスマンの言葉 (原文掲載ページはこちら)

15_0403.jpg


ガンがどんな影響を及ぼすかということを、僕は間近で見てきました。
身内が2度、この病と戦ったのです。
その試練にずっと寄り添ってきました。
治療、肉体の痛み、疲れ・・・それがどんなものか僕は知っています。

「専門病院から遠く離れて暮らす人や、最新の治療を受けられない人は
どうするんだろう?」
そのことが、ずっと気になっていました。
そしてケベックがん基金のスポークスマンになって、
僕はその答えを得たのです。
頼ればいい、と。
連帯というものを示そうという道を選んだ人たちがいる。
この地でこの大切な組織のミッションを支援している、
彼らに頼ればいいと。

この「気分晴れ」イベントを通じて、苦しむ人みんなに
その試練に立ち向かっているあなたは一人ではないとわかってほしい。
そのために、大勢の人が集まってくれればと願っています。

自分の気分も晴らし、自分なりの方法で、優しい心でいてください。
皆で一緒にいることは、周囲の人に元気を与えることができるのです。

皆さんのおかげで、ケベックがん基金の恩恵を受けられる人がいます。
その人たちに代わって、お礼申し上げます。

ケベックがん基金 スポークスマン
ブリュノ・ペルティエ





コメントの投稿

非公開コメント :

はじめまして

はじめまして、台湾のFANです。
そんな多いインフォメーションを訳します、本当にありがとう。

台湾で、大きなBRUNOのサイトはありませんです、
だから、簡単な日本語を使った私には、本当にたくさん助けるのをあげました。

かれは日本へ行きますから、台湾のFANSもいきったと思います、
だから、いっしょに頑張りましょう!

PS: My grammar in Japanese is not very well, so if there is any mistake, plz just don't mind. (認証用キーワードはとても難しいです!ww)

台湾Fanさんへ

コメントありがとうございます!台湾の方なんですね~(*^^*)
ブリュノには日本にも来てほしいですが、台湾でもコンサートしてほしいです♪ 一緒に応援していきましょうね!

Thank you for your message ! I'm really glad to find a Taiwan fan !
I hope Bruno will come to Japan but also to Taiwan for his concert v-407

Contact me on Facebook if you have an account, maybe it's easier for you. I'm busy this summer and I don't go there so often, but nevertheless...
https://www.facebook.com/mew.mi.9
新アルバム「君のまわりで」
ブリュノ・ペルティエのアルバム「Regarde autour(君のまわりで)」詳細はこちらまで

アーティスト・プロフィール
Bruno Pelletier

Bruno Pelletier ブリュノ・ペルティエ

カナダのフランス語圏ケベック州出身。3度の最優秀男性歌手賞の実績を誇る実力派歌手。ミュージカル「ノートルダム・ド・パリ」で人気を不動のものに。ロックからジャズまで幅広い音楽を豊かに歌いこなし、定期的に東欧でもツアーを行っている。

プロフィール詳細
CD/DVD
Facebookオフィシャルアカウント
* 当サイトについて

最近の記事
カテゴリー
   -- 歌の解説
最新コメント
リンク