Bruno Pelletier Japon : プラモンドン・コンサートの出演予定

プラモンドン・コンサートの出演予定

「ノートルダム・ド・パリ Notre-Dame de Paris」や
「スターマニア Starmania」という
ビッグ・ヒット作品を作詞したリュック・プラモンドンは、
まさしく「フランスにミュージカルを創った男」と言えるでしょう。
そのプラモンドンのコンサートに2015年12月にスイスで参加したブリュノですが、
2016年に再びケベックとフランスでも出演します。


Plamondon symphonique
プラモンドン・シンフォニー

B16_008.jpg

主催: Orchestre symphonique de Longueuil (OSDL) ロングイユ交響楽団
日程: 2016年3月24日
場所: L'ÉTOILE BANQUE NATIONALE (カナダ・ケベック州モントリオール)
主な出演者: Marc Hervieux, Bruno Pelletier Stéphanie Bédard

「プラモンドン・シンフォニー」公演ページ
ロングイユ交響楽団Facebookページ

モントリオール郊外のロングイユ交響楽団とのシンフォニー・コンサート。
プラモンドン先生の歌の数々をブリュノ・ペルティエやマーク・エルヴィユ、
エスメラルダ役のステファニー・ベダールが歌います。


Hommage à Plamondon
プラモンドン・オマージュコンサート

B16_007.jpg

主催: Fous Chantants d'Alès
日時: 2016年7月下旬
(会場・日程の詳細が発表されましたら、こちらでもご案内します)

Hommage à Plamondon 公演ページ
公演Facebookページ

2015年12月の「プラモンドンを歌う」コンサート(ページ下部で紹介)でも
音楽監督を務められたJacky Locksさんが同様に指揮を振るわれるようです。
Fous Chantants d'Alès のウィキペディア紹介ページ(フランス語)
Jacky Locksさんの紹介ページ (Tous en choeurサイト)

プラモンドン先生も会場にいらっしゃるそうです。
現在、ブリュノ・ペルティエの参加がアナウンスされています。
今後、他の歌手も追加予定。
12月の「プラモンドンを歌う」コンサート同様の感じかもしれません。


その「プラモンドンを歌う」コンサートの様子をご紹介します。chanteplamondon
こちらのコンサートは、大勢のコーラス隊と歌手たちとの圧巻のコラボレーション。
何度も客席も大合唱となったそうで、プラモンドン曲の人気ぶりが伺えます。

On chante Plamondon  
プラモンドンを歌う
当サイトの公演紹介ページはこちら

主催: Tous en Choeur  日時: 2015年12月18・19・20日
場所: AUDITORIUM STRAVINSKI (スイス・モントルー)
出演者: Bruno Pelletier, Brigitte Boisjoli, Marie-José Lord,
Bastian Baker, Maurane

公演大盛況の模様を伝える「24heures」の記事
"Standing ovations à la pelle pour Tous en chœur"

Voix magistrales, Maurane et Bruno Pelletier étaient aussi de l’aventure. Ce dernier a montré toute sa maestria avec le SOS d’un terrien en détresse, de l’opéra-rock Starmania, écrit par Plamondon et composé par Michel Berger. Grâce au Temps des cathédrales, de Notre-Dame de Paris, autre comédie musicale de Plamondon, l’ex-Gringoire a conquis le public dès les toutes premières minutes du spectacle. La foule s’est en effet levée, comme elle l’a fait à de multiples occasions pendant le show.

ブリュノが「見事な歌声」「冴え渡った技」で「聴衆を魅了」したことが
1段落を使って紹介されています。
コンサートの間、観客は何度もスタンディング・オベーションを
繰り返したそうです。素晴らしいショーだったのですね。

その時のブリュノの写真がFacebookページにアップされています:
- Tous en choeur ページ
- Pierre Smets さんのページ (Tous en choeur 代表)

コンサートのセット・リスト(画像をクリックすると拡大します)
2015-001_0_20151218plamondon_setlist.jpg
「スターマニア」からは10曲、「ノートルダム・ド・パリ」からは5曲が
歌われています。
ブリュノが歌ったのは、自身のヒット曲「Aime」(プラモンドン作詞)や、
定番の「SOS d'un terrien en détresse 遭難した地球人のSOS」(スターマニア)
「Le temps des cathédrales カテドラルの時代」(ノートルダム)をはじめ、
「Belle 美しい人」(ノートルダム・ド・パリ)、
「Quand on arrive en ville 我らが街に降り立つ時」(スターマニア)、
「Ce soir on danse à Naziland 今夜ナジランドで踊ろう」(スターマニア)など。

2016年のプラモンドン・コンサートはどのようなものになるでしょうか。
楽しみですね。


コンサートとは関係ありませんが、Facebookページで
Bruno Pelletier VIP」というブリュノ・ファンのためのページがあります。
写真や情報満載ですので、ご興味があれば、ぜひ(承認制)。

[2016年2月27日]


このページのトップへ

コメントの投稿

非公開コメント :

新アルバム「君のまわりで」
ブリュノ・ペルティエのアルバム「Regarde autour(君のまわりで)」詳細はこちらまで

アーティスト・プロフィール
Bruno Pelletier

Bruno Pelletier ブリュノ・ペルティエ

カナダのフランス語圏ケベック州出身。3度の最優秀男性歌手賞の実績を誇る実力派歌手。ミュージカル「ノートルダム・ド・パリ」で人気を不動のものに。ロックからジャズまで幅広い音楽を豊かに歌いこなし、定期的に東欧でもツアーを行っている。

プロフィール詳細
CD/DVD
Facebookオフィシャルアカウント
* 当サイトについて

最近の記事
カテゴリー
   -- 歌の解説
最新コメント
リンク