Bruno Pelletier Japon : 2016年3月後半~4月のブリュノの活動まとめ

2016年3月後半~4月のブリュノの活動まとめ

今年2016年秋に、ブリュノ・ペルティエは新アルバムを発表予定。
その準備に、そしてテレビにラジオにショーの出演に忙しく活動しています。

3月23日 ケベック小売業協会サミットHOP16で歌を披露
Conseil québécois du commerce de détail, HOP 16

参加者総数1300人、会議数40以上という大きな商業会合で
ミュージカル「スターマニア Starmania」などの作品紹介がありました。
ショー・ビジネスを活性化しようという趣旨でしょうか。
舞台の写真などがパネルで紹介され、ブリュノは「スターマニア」の
「ビジネスマン・ブルース Le Blues du businessman」の歌を披露しています。

その時の写真と動画が主催者のFacebookページに上がっています。
・ HOP16のブリュノの写真  ・ 歌うブリュノの動画はこちら

* Facebookの画像や動画を見るにはログインが必要な場合があります。
* 各公式サイト・ページの写真や動画は、後日削除される場合があります。


◆ 3月24日  ガラコンサート「プラモンドン・シンフォニー」に出演
Plamondon symphonique

「スターマニア」「ノートルダム・ド・パリ」の作詞家リュック・プラモンドンの
オマージュ・コンサートがケベックのロングイユ交響楽団の演奏で行われました。
Marc Hervieux、Stéphanie Bédardと一緒にブリュノも出演、
コンサートはチケット完売。素敵なコンサートだったようです。

Facebook(Photographie sur le vif)にブリュノの写真がアップされています。
(1) - (2) - (3) - (4) - (5) - (6) - (7)


◆ 3月25日 テレビ番組「Ti-Mé Show 」出演

ケベックのテレビ局 ICI Radio-Canada Téléの番組「Ti-Mé Show 」に出演。
イースターの時期で、「Chantons Pâques イースターを歌おう」というコーナー。
ブリュノが歌ったのは「Minuit Chrétien」という感動的なノエル・ソングの替え歌で、
普通は「ノエ~ル、ノエ~ル」と歌い上げるところを
「Jambon~ Jambon~ジャンボ~ン ジャンボ~ン」などと
大真面目に歌ったそうです。
(jambon = ハム。もちろん歌全体の歌詞が変わっています)

・ 「Ti-Mé Show 」番組アーカイブ・ページ | 番組Facebookページ
・ ブリュノの写真はこちら。イースターらしいかわいい美術セット。
・ ブリュノの公式Facebookページの写真

B16_017.jpg


◆ 3月25日 ラジオ局 Prog Core Radio で「ALKEMIA」全曲オンエア

ブリュノが参加しているフランスのロック・グループ「TOUCH」のCDアルバム「ALKEMIA」。
このアルバムの全曲がラジオ局Prog Core Radioでオンエアされました。

また、この「ALKEMIA」のアルバムはネットでダウンロード購入も可能になっています。
iTunes | Amazon Japan(試聴可能)

アルバム詳細は、「ALKEMIA」の紹介ページでどうぞ。
ブリュノは11曲中9曲をメイン・ヴォーカルとして歌っています。

「ALKEMIA」についての「L'écho de Lévis」の記事
ブリュノのインタビュー音声もあります。


◆ 4月11日  テレビ番組「SOS Mamies 」に出演

「SOS Mamies おばあちゃんヘルプ」という番組は、
年配女性レギュラー(おばあちゃん)たちが、寄せられた依頼に答えるというもの。
この日の依頼は、家事・育児に頑張る女性レイアさんに
ワクワクした気持ちをプレゼントしてあげたいというご主人からの依頼。

そして「おばあちゃん」たちの尽力で、レイアさんが
ブリュノのコンサートの舞台でブリュノと一緒に歌うことが実現。
番組はブリュノとのリハ風景や舞台の模様などを伝えています。

「SOS Mamies」の番組アーカイブ・ページに番組の写真あり。
(「Photos」を少したどっていくとブリュノの写真がいくつかあります)

撮影は2016年1月で、ブリュノの「音楽と映画」ツアーの最終日。
レイラさんとブリュノが一緒に歌ったのは「le coeur est un oiseau 心は鳥」。
ブリュノは、歌っている間中ずっとレイアさんを優しく見つめ続け、
レイアさんの歌がしっかり聞こえるよう、
でも自分の声もちゃんと響かせながら歌ったそうです。

その時の舞台の写真はこちら。(by Ghyslaine Payant)
舞台のブリュノや、レイラさんや「おばあちゃん」も映っています。


◆ 4月18日 歌コンクール「Caisse qu'on chante ?」のファイナルに出演

これは、歌手発掘のためのオーディション・イベントで、
ブリュノはスポークスマンを務めています。
ファイナルではステージで歌っています。

タイトルの「Caisse qu'on chante?」は、「ケス・コン・シャント」=
Qu'est-ce qu'on chante ?」=「何を歌う?」という意味。
主催者がLa Caisse Desjardins de Québecという銀行なので、
「Caisse 銀行(ケス)」という音で主催者名と掛けてあるのですね。

主催者Facebookページに写真がいくつかあがっています。
- 他のスポークスマンや審査員とブリュノの写真
- 舞台の写真 (小さいですが、ブリュノは中央にいます)


◆ 4月下旬 「プラモンドンを歌う」ガラ・コンが欧州のTV5 Mondeで放送

2015年末の「プラモンドンを歌う On chante Plamondon 」ガラコンサートが
テレビ局TV5 Mondeで放送されました。(フランス・ベルギー・ドイツなど)
ブリュノは「カテドラルの時代」「SOS」など、
プラモンドンの名曲を歌っています。
コンサートの模様はこちらで簡単に紹介しています)

Facebookの主催者ページのブリュノの写真


◆ ラジオのインタビュー番組アーカイブ

その他、ブリュノはラジオにもちょこちょこ出演しています。
以下は、ラジオ局のHPにアーカイブとして音声が残っているものです。
フランス語のリスニングの練習にもぜひどうぞ。

・ Ça commence bien le matin! (2月17日、Vague FM)
・ Dis-moi (4月4日、Rythme FM)
・ Rythmez vos matins (4月13日、Rythme FM)
・ Hommage à Starmania (4月21日、Radio Gaspésie )


[2016年5月16日]



このページのトップへ

コメントの投稿

非公開コメント :

新アルバム「君のまわりで」
ブリュノ・ペルティエのアルバム「Regarde autour(君のまわりで)」詳細はこちらまで

アーティスト・プロフィール
Bruno Pelletier

Bruno Pelletier ブリュノ・ペルティエ

カナダのフランス語圏ケベック州出身。3度の最優秀男性歌手賞の実績を誇る実力派歌手。ミュージカル「ノートルダム・ド・パリ」で人気を不動のものに。ロックからジャズまで幅広い音楽を豊かに歌いこなし、定期的に東欧でもツアーを行っている。

プロフィール詳細
CD/DVD
Facebookオフィシャルアカウント
* 当サイトについて

最近の記事
カテゴリー
   -- 歌の解説
最新コメント
リンク